京都で家族3人での新生活がスタートしました!!
by 476taiwan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レーシック①


今日も寒いけれどお天気が良くて気分も↑↑(*´∀`*)
術後少し異物感のあった目もだいぶ良くなってきました。

少しずつですが、今回のレーシック手術の詳細を忘れないうちにアップしていこうと思います。

ずっと気になっていたレーシック。
お友達が立続けにやったのを見てさらに気になり始め、悩んでいても仕方がない、人によっては手術が出来ない事もあるらしいし、まずは検査してもらう事にしました。

病院はお友達のお友達、それからすーの会社の台湾人の方もやったという市内にある徳照眼科にしました。
(HP音が出ます。しかも相当気味が悪いのでコレを見てここに行くかちょっと悩みました(笑))
色んな病院でレーシック手術はやっているので少し悩みましたが、何よりも誰か知っている人がやって、成功しているという事実がほしかったので、とりあえずここの病院に決めました。

まずは電話で予約。
出たのは受付の小姐。
私の中国語を聴いてすぐに、「日本語のできる江さんから折り返しお電話します。」と言われすぐに電話を切られました。

その後数時間後、江さんから連絡が入りました。
まずはレーシックの危険性や聞きたい事を聞くと、「とりあえず検査においで!」と言われあれよあれよと翌日検査に行くことになりました。

翌日、言われた時間に病院に行くと江さんが待ってましたとお出迎え。
そのまますぐ検査室に入り、看護婦さんに各検査をしてもらいました。
視力検査、眼圧などおなじみの検査の後、点眼麻酔らしきものをして角膜の厚みを計りました。

ここまでの検査は痛みのあるようなものはないですが、看護婦さんは日本語ができないので基本は中国語。(身振り手振りでもどうにかなります。)
でも、私は何の検査なのか、何をされるのかわからないのが不安だったのでいちいち聞きました。聞けば教えてくれるけど、中国語はわからないと思っているからか聞かないと教えてくれないようです。

で、最後はその検査結果を見て、医師による診察。
ここまで30分もかかってないように思います。
診察の時は日本語のできる江さんもそばについてくれますが
お医者さんも日本語ができるので基本日本語で言われます。
ただ微妙に何を言ってるのかよくわからない事もあり、中国語と日本語ごちゃまぜで話をしました。

私が気になっていたのは
実際どんな手術なのか?
失敗の危険性はあるのか?
最悪失明する事もあるのか?
私の目は本当に手術しても大丈夫なのか?

コレに対して先生は
「角膜を剥がしてレーザーを当てるだけ。」
「失敗が絶対にないとは言えないけど、みんなやってるよ。」
「失明に関しても絶対とは言えないけど、今まではそういう患者さんはいないよ。」
「あなたの目は視力、角膜の厚さも問題ないしょう。」と。
しまいには、今までやった日本人のカルテを出してきて、「ほらこんなに日本人もやっているんだから大丈夫!」と。個人情報もなにもこの国にはないようです・・・。

そんな彼らの応対を見て、正直いい加減というか、営利目的でやっているようなを受けました。

そんな不安そうな私をみて先生は
「機械は日本の慶応病院と同じものを使っているけど、うちはとても安くやっているんだよ。」
「20年間ずっとこの手術をやってきているんだから、大丈夫。」と。
私が聞きたいのはそんな自慢話でないのに・・・。

そんな具合で決断しかねている私に追い討ちをかけるように、
「じゃ、いつやりますか?明日来れますか?」と。

なんだか向こうのペースに飲まれそうだったので、2週間後の日にちで予約をし、その間少し考える事にしました。

とりあえず、最初の検査はこんな具合で決断できないまま、気持ちは五分五分位で帰宅しました。

☆この日かかった費用
 掛號費200元
[PR]
by 476taiwan | 2008-12-07 12:06