京都で家族3人での新生活がスタートしました!!
by 476taiwan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上海旅行:1日目

この日は4時半に家を出て、6時半のフライトで1人上海へ(*´∀`*)
地図で見るととっても近い上海ですが、台湾から行くには香港乗換えが必要。
上海に到着したのは11時過ぎでした。
飛行機から見る空はいつ見てもキレイです!
f0142862_18224484.jpg


上海浦東空港からは噂のリニアモーターカーで地下鉄の駅まで。
なんと最高時速は431㎞!!
「早すぎじゃない!?事故りそうじゃない!?」
と思いながらも言う相手がいないのがちょっとさみしい・・。

駅に着いたら地下鉄で、ホテルの最寄駅まで。
ガイドブックには「降りる人を待って乗る習慣はないから、ガツガツと乗り込んで!」と書いてあったけど、大半の人は降りる人を待って乗っていました。
「なんだ普通じゃん!」とちょっと安心。
f0142862_1955056.jpg

駅には着いたものの、ホテルまでの道がよくわからず、まず駅員さんに聞いてみると「○番出口」とちゃんと教えてくれました。
「なんだちゃんと優しく教えてくれるんだぁ。」とちょっと安心。

出口に出たものの、やっぱりよくわからずその辺にいた若者にまたまた教えてもらい無事ホテルへ到着。
「なんだ上海いい国じゃん!」とかなり安心。
ココまでは上海のイメージはとっても良かったんです!

この日はすーはもちろん仕事、夜も遅くなるとの事で、
私は1人観光をしてホテルに泊まり翌朝ホテルですーと合流という事になっていました。
そう!実はたった1日だけど、人生初の海外1人旅って訳!

空港からも何のトラブルもなくすんなり事が進んだので、気分良く、早速観光へ!
まずは、何の知識もないので、ガイドブックを見て新天地に行く事に。

地下鉄がとっても便利なので、方向音痴な私でも1人歩きは問題なかったです。
中国語は簡体字ではあるけれどなんとなく予想がつくし、話す速さが早いだけで発音は台湾より聞きやすい感じがしました。

新天地到着!
コレだけ見たらヨーロッパっぽい!?
f0142862_18434793.jpg

ここはフランス租界時代の街並みを再現したおしゃれスポット☆
オシャレなオープンカフェが並び、中国とは思えない雰囲気でした。
上海の人はたぶんほとんどいなく、日本人、韓国人の観光客でいっぱいでした。
f0142862_1853424.jpg

ここのカフェでお茶をするものの、水が悪いからかなんだか美味しくない・・・。
お店の人も超冷たいし・・・。
ひと通りお店を見て回るものの、なんだか1人じゃ購買意欲も湧かず何も買わずに次の目的地へ。

次はまた地下鉄に乗り、南京東路へ。
ここはガイドブックによると、上海一の繁華街で賑やかで観光客もいっぱい!と。
台湾で言う忠孝東路って感じかな。
確かに賑やかだしお店が並んでいるんだけれども、歩けど歩けど、別に興味深いものもなく、人を避けようともしない上海の人々を必死に避けながらひたすらテクテク・・・。
その間、ゴミのポイ捨ては当たり前、男女問わず痰をいきなりその辺に吐いたり、鼻をかむのではなく、鼻水を勢いで吹き飛ばす人(うまい表現が見つからない・・)などの日本ではありえない光景をを目の当たりにしてなんだかぐったりしてしまった私はこのままココにいてもきっと笑顔になれるような事はみつからないだろうと思い、暗くなる前にホテルへ戻ってしまいました。

ホテルに戻りほっと一息、ゆっくりお風呂にでも入ろうとバスタブにお湯をはるとなんとお湯は入浴剤入りかと思うような茶色っぽい、緑っぽい色。
そして臭いも(。→∀←。)
この間台湾の水道水事情を載せたけど、あんなの甘い!甘すぎる!!
その後、歯磨きもうがいも全てミネラルウォーターでしました。

そんなこんなで、朝3時半起きで眠いのと、踏んだり蹴ったりの上海の現実にぐったりだったので、やることもないし早めに就寝。
かなり一人旅に憧れていたのに、意外にも全然楽しめず時間を持て余してしまった自分がちょっと情けなかった・・・。
でも、これでもう二度と「一人旅してみたい!」と言ってすーを困らせる事も無さそうです。
ある意味いい経験になったかも(笑)

実は、この日は私27歳最後の日。
早めに就寝したものの、ホテルの部屋に誰かが入ってくるという嫌な夢を見て、なぜか12時前に一度目が覚めてしまった私。
そのまま恐くて眠れず物音にビクビクしているうちに、12時を迎え、28歳になってしまったのでした(・´з`・)
誕生日なのに・・・と半べそをかきながらすーに電話をし、恐くて眠れないと1人で大騒ぎ。
どうにかこうにか眠りについたものの28歳、かなり情けない幕開けとなってしまいました(笑)
[PR]
by 476taiwan | 2008-02-26 19:53 | 旅行